TOKIGARA DESIGN CANNEL 公式Youtubeチャンネルはこちらから

Diario delle vacanze-休日日記 vol.5「悔しい気持ちを力に変える」

Try New Things concept with man holding a tablet computer

11月になりました。

皆さまこんにちは、トキガラデザインの稲石です。

早いもので今年も11月、年末となりました。コロナ禍が続き、今年も厳しい一年になったのではないでしょうか?

あと残り2ヶ月となった年内で、やり残したことはないでしょうか。緊急事態宣言も解除され、ワクチン接種も広がり、少しだけ動き易くなったと感じます。

休日日記ですが、少し固い内容を書きます。

変化の激しい現代のことをVUCAの時代と言われます。

VUCAとは以下の単語の頭文字を取った造語のようです。

  • V(Volatility:変動性)
  • U(Uncertainty:不確実性)
  • C(Complexity:複雑性)
  • A(Ambiguity:曖昧性)
    VUCAの時代とは「先行きが不透明で、将来の予測が困難な状態」を意味します。

トキガラデザインのコンセプト

トキガラデザインは、変化の激しく不確実性の高いこれからの時代において、常にその変化に適応して、最適なクリエイティブや最適解を課題を抱えるクライアントに提案するというコンセプトで事業を運営しているんです。

なんだかちょっと難しくて学者のような物言いですが、「おたくはデザイン制作やWEB制作だけの事務所じゃないの?」と思われている節があるのも確かです。

従来のようにデザインやWEBも、見た目(スタイリング)のデザインや(SEOなどの)検索順位を高めることや会社案内的なWEBという位置付けから、
どういう理念の元に事業を運営し、課題を解決する専門スキルや実績を持ち、さらにデザインやWEBを活かす「複数の専門スキル」を組み合わせて付加価値を与える、連続的スペシャリストという立ち位置を私は目指しています。

連続的スペシャリストとは、デザインスキル、WEBスキル、マーケティングスキルから、組織作りやファシリテーション、コピーライティングや企画立案、動画・プロモーションスキル、リクルートスキル、サービスデザインスキルなど、一つのスペシャリストでもなく、浅く広いゼネラリストでもなく、変化の激しいVUCAの時代には、連続的に複数の専門的スペシャルなスキルを持ち、それを組み合わせる能力が競争にも強いと言われています。

私はクリエイティブの中でも、複数のスキルを持ち、さらに学ぶことに時間とお金を投資しています。

自らも学ぶことに喜びつつ、そうすることで複数の専門性を持ち、顧客の複雑な課題に対しても、分解しつつ理解し、最適なご提案までの道筋を見つけることができるのではないかと思っています。

その上で、不足する専門性については、能力の高い専門家をプロジェクトごとにアサイン・協力して頂き、費用以上に付加価値を感じていただくお仕事が提供できるというのがトキガラデザインの強みです。

事業を営んでいれば悔しいこと、我慢できないことが起きる。それらを前向きのパワーに変えていく。

 

悔しさは新しいエネルギーになる

ただ(これが本日最も書きたいこと)、複数のスキルを連続的にスペシャリストとして身につけるにはそれなりに時間と忍耐が必要です。当たり前ですが、新しいスキルを学ぶ過程では素人から玄人への階段があり、素人としてのキャリアを積まなくてはいけません。

新しいスキルで稼ぐその期間はやはり例外なく、恥をかき、下に見られ、ぞんざいな扱いを受ける、そういう経験を得る場合があります。その度に自分の未熟さ、無力さに苦しみます。

どうしてもそこからは逃げられません。31歳でデザイナーになった時、38歳でWEBディレクターになった時も同様の経験を得ていますが、悔しい気持ちは常に付き纏い、その悔しさが新しいエネルギーになることもわかっています。

とにかく今は新しい専門的スキルを4~5つを平行的に身につけています。だからこそ苦しく、それを乗り越えた後のメリットも大きい。

とにかく今は、苦しみと悔しさの沼の中であがきながら、這い上がってくる自分の姿をイメージして、なんとか凌いでいます。

また、少し開けた場所に登ったら、その報告もしたいと思います。

このブログを書くことで、ここ数日のモヤモヤが少し整理できた気がします。

悔しさはエネルギー源になる。次へ進ませるパワーになる。

【その悔しさを片時も忘れず、自分のエネルギーにして立ち向かっていくより他ないのです。】

それでは、愉しい休日を。
Godetevi la vita (人生を愉しんで)!


今回の記事は、少し重めですが、成長には欠かせない悔しい気持ちについて。
そういう休日もありますよね (^ ^)

よければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です