トキガラデザイン CANNEL 公式Youtubeチャンネルはこちらから

長いゴールデンウィーク期間で気づいたこと

長いGWの休みが終わります。今年のGWは10日間という長い休みの方も多かったと思います。

コロナ禍になってから、3年ぶりに家族旅行や帰省をしたというニュースも聞きました。

観光や行楽地も賑やかで、これまでの我慢が解放されたのか、栃木宇都宮の餃子屋さんが待ち時間360分!!という常軌を逸した話もありました。

ある意味では普通の日常が戻ってきたような気分にもなりますが、それでも皆マスクをしている状態はまさに【ニューノーマル】という、新しい常態が訪れたのではないでしょうか。

私のGW

私のGWを、3つの出来事に絞ってお伝えすると、以下になります。

  • 1.通常業務と次の準備
  • 2.甥っ子の高校野球の活躍
  • 3.事務所倉庫の掃除とリフレッシュ

1.通常業務と次の準備

GW中でも、何日かは稼働日のあるお客様からの連絡があり、通常業務も行っていました。

それ以外はお客様からの連絡もなく、メール連絡をする必要もなく、溜まっていた作業をコツコツと消化することができました。

次の準備としては、新しく始まる仕事のために本を3.4冊じっくり読むことができて、新たなとっかかりが掴むことができました。

さらに新しく読みたい本も見つかり、充実した期間になりました。

2.甥っ子の高校野球の活躍

以前にもブログで紹介しましたが、私の甥っ子は栃木県の高校で野球をやっています。今回は栃木県の春季県大会において3位の成績をおさめて、関東大会に進出することが決まりました。

3月末の時点では、少しバッティングの調子が悪く、控えに回ることもありましたが、今回の大会ではサードやセカンドのポジションを得てスタメンで登場する機会も増えました。

元々守備力には定評があり、その卓越した守備によってチームの支えになっていて、さらには打撃においてもチャンスでしっかりと決める勝負強さがありました。3位を決める試合においては、ピンチをチャンスに変えるようなプレーを見せ、精神的な強さも見られました。

ありがたいことに地元のニュースや新聞において紹介され、家族の中では久しぶりに訪れたグッドニュースでした。

5月の20日から栃木県で開催される関東大会に進出するので、私も仕事での東京出張を絡めて、是非とも甥っ子の勇姿を見に行きたいと思います。

ついでと言ってはなんですが、東京に泊まる2泊は、サウナを絡めてしっかりとサウナーとしての活動も充実させたいと今から楽しみにしています。

3.事務所倉庫の掃除とリフレッシュ

GWの前半に、久しぶりに倉庫の掃除と整理をしました。気になっていたものの忙しさにかまけて散らかしたままにしていた倉庫をきれいにすることができました。

倉庫の掃除から始まり、本棚の整理、ベランダの掃除など、事務所を全体的にきれいにそしてスペースを自由に使えるようになりました。

「掃除をすると気分が変わる」とはよく言ったもので、長い休みを有効に使い、溜まった垢を削ぎ落とすように有効活用できていなかった事務所の機能やスペースに気づくことができました。

ルーティンには、悪いルーティンと良いルーティンがあると思います。

最近は悪い習慣が続いており、そのままでは生産性や仕事の質に影響が出てしまいます。単純活動時間が不足気味だったのが最近で、それらが自分の体力的な減退によるものが大きいと気づきました。それでは気持ちばかりが先走り、生産性が上がるはずもありません。

連休中には、自転車で走ったり散歩したり、筋トレをしたり活動量を増やすことで、リフレッシュし、仕事面の活動量も増えた気がします。やはり体力や健康が全てのベースであり、その基礎が整っていると精神的にも前向きになれるものです。

天気も良く、バルコニーに出てリラックスしたティータイム。ピエール・エルメさんのマカロンはちょっとした贅沢。

リフレッシュ時間といえば、当事務所には広めのベランダというかバルコニーがあり、気候的にも過ごしやすいバルコニーに出て、テーブルと椅子を出し、コーヒーを飲んだり、iPadで企画を考えたり、リラックスする時間がありました。これからも気持ちの良いバルコニーでリフレッシュしながら気分を変えて仕事をしたり、一息入れたりしていきたいと思うように気分が変わりました。

一人事務所にしては贅沢な物件なので、仕事にも普段使いにも心身共に有効に使っていきたいと思います。

5月以降、広がる活躍の場

5月後半には、年初からスタートしたDXDキャンプ(高度デザインDX人材)のフィールドワークで東京出張もあり、いよいよ活躍の場が広がっていきます。

フィールドワーク先は「ピエール・エルメ・パリ」。パリをはじめとして、日本国内・国外にコンセプトショップを展開する、パティスリー事業を展開。

今回は、ピエール・エルメ・パリチーム様とDXD選抜チームにて、デザイン思考を用いたワークショップを開催し、一緒に課題に向き合います。

<PH PARIS JAPON 株式会社(ペーアッシュ パリ ジャポン 株式会社)>

所在地:本社 東京都港区北青山 3-10-18 北青山本田ビル2F

資本金:7,000万円

設 立:2004年

代表者:代表取締役社長 リシャール・ルデュ

事業内容::洋菓子の製造・販売業・喫茶経営/デリバリーサービス/ライセンス事業

H P: https://www.pierreherme.co.jp/

21世紀のパティスリー界を先導する第一人者、ピエール・エルメ。1998年「ピエール・エルメ・パリ」として、東京に世界初出店。以降、パリ、ニース、モナコ、横浜、名古屋、マカオなどで事業展開している。

日本の優れた食材やキッチン雑貨などを世界に発信するコンセプトショップ「ピエール・エルメ」の運営をはじめ、メガネやウォッチ、ステーショナリーなど、さまざまな企業、アーティスト・デザイナーとのコラボレーションを通じた、従来のパティスリー界の枠組みを超えた活動でも注目されている。

◆PR Timesでのフィールドワーク先の紹介記事https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000050.000030135.html

よければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です